学生はアルバイト収入から返済計画を立てる

親からの仕送りを受けている学生は少なくありませんが、キャッシングを利用するときは仕送りを返済に充てないようにしましょう。アルバイト収入で返済できる範囲で借りるのが基本なので、毎月確実に得られる収入を算出しておきます。月によって収入が3~5万円などと変わるならば、最も少ない3万円を基準として考えるとよいです。

無理のない返済のためには、無理のない借り入れが必須となります。学生は社会人のように高額融資を受けることはできず、学生キャッシングのほとんどは50万円を上限としています。10万円なら無難に返せる金額と言われますが、返済能力は人によって変わってきますから、あくまで自分の返済能力を把握した上で借りる金額を決定してください。