今後はキャッシング審査がどんどん厳しくなる?

銀行カードローンによる、過剰貸付や借り入れは債務整理者の増加により問題視されています。
金融庁の調査の結果、銀行カードローンの多くが審査不十分といったことが判明し、指導や改善要望がされることとなります。結果、消費者にとってのデメリットは審査が厳しくなるということに繋がります。
そのため、個人信用情報に問題が無く、他社借り入れ件数および金額が少ない方でも融資金額が低くなってしまいます。
そのため、返済能力が重要視されてしまい、必要な現金を調達出来なくなる可能性が生じてしまいます。

今後は、銀行カードローンを申し込む際は必要以上の限度額を希望しないことや返済計画をしっかり立てておく必要があります。
また、カードローンでのおまとめローンや借り換えローンは返済中に新たな借り入れを増やす恐れがあるため、審査が厳しくなり得ることを認識する必要があります。
もし、高額な現金を調達したい場合は返済計画が必然的に決まるフリーローンを申し込む方がお得かつ審査の通過率も高くなり得ます。
これからキャッシング契約を検討する場合、銀行カードローンに対する法規制や金融庁の調査動向などを逐次確認し、タイミングを見計らうことが重要になっていきます。