楽天カードのキャッシングと消費者金融の違いとは

楽天カードのキャッシングと消費者金融には、銀行系かそれ以外かという大きな違いがあります。
まず、楽天カードは銀行法の適用となり、貸金業法の影響を受けません。

そのため、キャッシングの利用限度額が年収による制限がありません。これにより、契約時の提出書類の中で、収入証明書は利用限度額が200万円までであれば不要になります。

ただし、個人事業主や審査で返済能力に疑問を持たれた場合などには提出を求められます。また、年収を超える金額を借りることもでき、最大で500万円まで利用できます。
銀行系なので審査は厳しくなりますが、その分金利も低くなり、4.9%~14.5%で利用できます。そのため、返済が楽になります。
一方、消費者金融系は貸金業法の適用となるため、1社の利用限度額が50万円を超えるか、借入の総額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要となり、借入の総額も年収の3分の1までに制限されます。

また、審査が容易な反面、金利も高く、初期は18%であることが多いので返済の負担も大きくなります。
これらのことから、審査に不安があるようなケースを除けば、消費者金融よりも楽天カードのキャッシングを利用した方が有利になります。